カテゴリー「嬉しい話」

なんとか、弁当

投稿日 2018.05.22, by gyorin

image

ある日やってくる、「お弁当遠足」。

弁当を持って、公園にいくという、子供にとって大イベント。

弁当なんて適当でいいのよ、と思うけども、子供の期待がすごいので、応えてやらねばと思っちゃう。

「弁当は唐揚げと卵焼きとおにぎり?ウィンナーは?たこは?いる?」

保守的な子供はいつも同じメニュー。母にとっては大変楽。

これなら作ったことあるから、安心。

「ウィンナーは大丈夫」

こないだ作ったタコがバラバラだったからか、ウィンナーは不要とのこと。

大したメニューじゃないけど、私は大わらわ。

朝から買い出し、何故かリュックはパンパン。

急にリクエストが増えて応えられないのが嫌なので、朝も帰りも、同じ質問を何度も繰り返す。

「いいね?唐揚げと卵ね。ウィンナーはいいね?いらないね?」

朝つくるのは不安なので、仕込みは夜から。

何気に心配性なので、腐るのでは?という不安が湧き出す。

冷凍して自然解凍、とかいうのでそうしてみようとするけど、解凍されなかったらどうしよう。

冷凍して朝チンして詰めるとか書いてあるけど、まずいんでは…

おにぎり固まったらどうしよう…

いっぱい出来ちゃうんだけど、残りどうしよう…

悩みの裾野もどんどん広がる。

悩みがいろいろ、スマホ片手に、5画面くらい立ち上げて、台所はすごいことに。

いつも思うけど、ほんと大したもの作ってないのに、何故こんなに時間がかかるのか…?

時間は真夜中。メニューが大したことなさ過ぎるので、せめても工夫と思って海苔を切る。

トーマスの目玉だの眉毛だの、得意技はこのくらい。

細かいパーツを紛失しないよう、海苔が湿気って丸まらないよう、キッチンペーパーに包んで保管。

明日の朝パニクらないよう手順をメモして、さぁ、朝が勝負。

本当に、何故こんなメニューに時間かけられるんだろ、私…

でも、ジャーン

image

夜中に切った力作の海苔、大成功。

そしてこだわりはここ。客車の断面。

imageimage

弁当を食べるときに気がつけば、どんなにはしゃぐか…

ふふふ、母の仕掛けにおどろけよ。

壮大な時間と脳を費やした弁当、反応はいかに⁈

……………………………………………………

母の思い、届かず。

アニーには気がつかなかったようです。

でもめちゃくちゃ!おいしかったって涙

次はもっと高度な海苔を切ろう。

 

 

 

 

 

初母の日

投稿日 2018.05.14, by gyorin

image

はい、気がつけば2018年母の日…。

以前の投稿から早一年。でも一年前に描いてたことに驚いた今日この頃です。

今日は母の日。母の人も違う人も、母に感謝の意を示しましたでしょうか。

私も母になり4年、初めて子が「母の日」を理解した年になりました。

子供も昨年までは母の日はおろか、誕生日も言われて「はア」みたいな感じでしたが、4歳は違うね。

母の日もがっつり取り組んでて、まず保育園では母の絵を描いてて、ほぼ初めてちゃんとした人らしき絵を描いてて驚愕!母の絵にちょっと憧れてたから、ちゃんとなっててびっくり。

しかも「これはお母ちゃんが大好きだよって言ってる顔〜」とか言って、しまじろうみたいな見本のようなセリフまで!

さらに昨日は野花を集めて「あげるからびっくりして」とブーケをつくってくれました。内容は貧乏草とヘビイチゴという、なかなか野花感あふれるものでしたがとにかくそのお気持ちが嬉しい。

朝には更にヒルガオも頭に挿してくれたり、もう至れり尽くせり。

肩も2秒くらい揉んでくれました。

そして夫とお金を出し合って、ダヤングッズもプレゼントしてくれたのでした。

母の日を知った子は、もう思いつく限りのお祝いをしてくれて、本人も満足げでしたが「父の日ってのもあるの知ってる?」と聞くと、ほう…みたいな表情で、「子の日は?」と聞くので「終わったよ。5月5日だから」というと、それは信じたくなかったようで「じゃあまだだね」と謎の言葉を残して去って行きました。

子の日は完全に無視していたので、来年はもう少し演出をお返ししようと思いました。

おすすめあります

投稿日 2011.11.06, by gyorin

もう1週間前になりますが

わちふぃーるどラビリンス店ハロウィンパーティ、ご来場いただきありがとうございました!

当日秋冬商品のご予約会も開催させていただいたのですが、

ワタシもイチデザイナーとして参加させていただきました。

自分の自信作を、直接お客様に案内できるのはやっぱりうれしいですね。

今回の予約対象は11月発売のアートバッグやシルバー、アパレルの数々です。

実は予約会用商品だったナイロンバッグシリーズDC#8は直前入荷が決まり、

こちらは先行商品としてご紹介させていただきました。

このDCシリーズ、ワタシの入社するずっと前からわち内で定番人気シリーズだったのですが、

ターゲットイメージはきちんと系OLさん?!

特にきちんとしてないOLのワタシはぶっちゃけ全く対象外の趣味。

DCの売りどころはA4サイズが入ったり、軽かったり、仕事で持ちやすかったり、そんな利便性。

ワタシの好きなバッグはできるだけ小さく、ド派手な両手のあくようなもの、機能性特になし・・・。

DCシリーズが自分にまわってきたときは正直ヤバいと思いましたね。。

しかしながら困惑の末なんとかかんとか形にしてきたシリーズは今回で3回目。

回を重ねるごとに改良を加え、機能性を加え、これでもかとこねくりまわした#8、

モニター感想を聞いたときの、

「このショルダー、信じられないほど超便利!文句の付けどころない!」

これはうれしかったですねえ。

苦手と思ってても、なんとかかんとかなるもんですね。

今ではやりがいのある、結構好きなシリーズ企画になりました。

今回のDC#8、結構な自信作です。

自慢の機能性、よかったらちょっとのぞいてみてってくださいね。↓

https://wwws.wachi.co.jp/onlineshop/show.cgi?p_cd=926928&s_view=1&pls_cd=10-0010

https://wwws.wachi.co.jp/onlineshop/show.cgi?p_cd=926930&s_view=1&pls_cd=10-0010

https://wwws.wachi.co.jp/onlineshop/show.cgi?p_cd=926929&s_view=1&pls_cd=10-0010

https://wwws.wachi.co.jp/onlineshop/show.cgi?p_cd=926931&s_view=1&pls_cd=10-0010

トラちゃんの門出

投稿日 2011.05.22, by gyorin

もう1週間前になりますが、我が家の愛車軽トラの「トラちゃん」がこのたびの被災地、気仙沼へ旅立ってゆきました。

http://www.wachi.co.jp/atelier/?m=20110513

2008年に降ってきたトラックは、我が家には欠かせない存在となり、

格安ベッドを運んだり、高級ソファーをもらったり、引き出物を運んだり、引っ越ししたり、急患の黒ちゃんを運んだり・・・

夫の通勤や、もちろんドライブデートにも欠かせない存在でした!

「トラックで現れたマイコちゃんと大ちゃんが素敵でした」みたいな結婚式のスピーチにだって取り上げてもらったし。

・降ってきた時のエピソード→http://www.jiguchiya.com/wblog/?m=200812

だけどとうとう私はロクに運転できなかったねえ。

たぶんちょっとはできるんだけど、予想外のことには対応できそうにない。

そしてデコトラにもならなかったねえ。

最初は凝ってカラーリングなんかも企画したんだけど、なんだかんだ・・・。

手作りのシートカバーも作ったけど、ボロきれみたいになっちゃって。

結局頭のところだけ半端に赤の合皮の枕になってるのね。

これも無理やりボンドでくっついてるだけだから、いつか剥がれちゃうでしょうね。

それにしても、今一番必要とされているところで第4の車生を送れるなんて、

なんて幸せ者のトラックでしょう。

これからもがんばってね、素敵なトラちゃん!!

ところで先日描きあげた、支援イラスト「ファイ東北、ゴー日本」。

http://www.jiguchiya.com/wblog/?m=201105

台湾のアート展でお見事に売れたようです。

なんでも台湾の芸能人がお買い上げとか。

全額寄付予定なので、なんとかホッとしています♪

自分ができる支援って、こういうことなんでしょうね。ほんとよかったです。

地口屋チャリTも来週金曜日からオンライン販売再販スタートです!

買い逃した方、また買ってもいいという方、ぜひご利用くださいね。

黒ちゃんの新居

投稿日 2010.12.06, by gyorin

うちの黒猫、黒ちゃん。

癲癇持ちのかわいいこ。

さあ、素敵な新居はどうでしょうか・・・。

そろり、そろりと新居に足を踏み込んだ黒ちゃん。

突如、木の床にコロンコロン!!

ま?!!ベランダでやるようなコロンコロンをおうちで!

エロビル比較で5倍くらいの広さのおうちでは、黒ちゃんもう、おおはしゃぎ!

ダダー、ダダー!!と、始終走り回っています。

しかも!黒ちゃんが大好きだったリボン、いまや見向きもしません。

今のブームはヒヨコ。

実家にあったボンちゃんお気に入りのプチヒヨコ(籠にぎっしり入ってる詰め合わせ)、

当初1匹もらってきましたが、狭いエロビルではヒヨコの動きは地味。黒ちゃん、見向きもせず。

しかしこちらの広?い床ではヒヨコも勢いよく飛んでゆきます。

黒ちゃんも追って、勢いよく飛んでゆきます。

跳んだり、跳ねたり、もうおおはしゃぎ。

人間も相当はしゃいでますが、黒ちゃんが一番はしゃいでるんじゃないでしょうか。

リボンが好きだなんて思ってたけど、

狭いからリボンくらいしか楽しくなかったんですね・・・。

はしゃいで、はしゃいで、癲癇なんかどっかいっちゃうといいなと、思わずにはおれません!

エロに置いて来ちゃってくれてるといいんだけど。。

黒ちゃん、ここで幸せに生きて頂戴。

お引越し!!

投稿日 2010.11.12, by gyorin

引越しが決まりました?!!

きっかけはお祝いにもらった鍋セット!

既に自宅の鍋も収納できてなく廊下に並んでる状態で、こんな素敵な鍋セット!

これが入る台所が欲しい、と思ったところで見つけました?

超素敵な台所!!

台所ばかりか居間!寝室!無駄に和室!!

嘘みたいに夢みたいに素敵な物件なんですよ?

で、早速今月末にはお引越しです。

しかもね、ここの家、最高に素敵なのが「グルニエ」。

8畳ある屋根裏部屋があるんです!

もちろんここはワタシのアトリエに使わせていただいて、

いよいよ、まじめに絵を描こうかと。

あ?楽しみ、

いちいち浮ついちゃいます。

あ?楽しみ。

いよいよ愛したエロビルともお別れです。

鍋もらってよかった?♪

HAPPY WEDDING!!

投稿日 2010.10.12, by gyorin

「池田あきこのアトリエ日記」をご覧になった方はご存知と思いますが、

ワタクシ、去る10/9に結婚いたしました?☆

都内のレストランで催したのですが、当日の大雨にもかかわらず、

たくさんの方々にお集まりいただき本当に楽しい式ができました!

会場のいたるところにはくろすけの肖像画で飾りました。

人前式では手書きだるまの目入れや、友人スピーチ、ギター詩吟などなど、アットホームでにぎやかな式になりました?☆

なぜか会場にはマフィアの姿も・・・いえいえ、夫友人のブラジルハーフの方々です。

さすがに迫力ありますねぇ。

親友のレイナはこの日のために仕込んだ最高傑作の生い立ちサイドカーウエディングビデオを披露!

94歳になるおじいちゃんも出席してくれ、スピーチまでもいただきました!

両親へのギフトには「結婚式の絵」(本気描き)をプレゼント、喜んでもらえたようです。

ちなみにブーケは2個とも、地口屋店長さんの力作なんです♪

ちなみに二次会はライブレストランにて、引き振袖×ぽっこりを履いてお色直しで挑みました。

こちらにはわちの皆さんもいっぱいきてくれて、両親はじめ親戚の方まで出席してくれた、

こちらもなんともアットホームなパーティーでした♪

ライブはメキシカンラテンバンドの生演奏!

夫の友人のブラジルさんたちがスゴイダンスで、ワタシも一緒にぽっこり脱ぎ捨て踊り狂いました!!

最後には会場に落し物が・・・

なんとまあ、ワタシの長襦袢の袖!

着物でラテンダンスはちょっと厳しかったようです。

こちらのすご?いケーキは地口店長&常務&先輩の手作り!!!

一番上には、サイドカー(しかもワタシの愛車!)に乗った夫&ワタシ&くろちゃん!フィギュア、

しかも顔が地口風なんですよ?。(いつもはダヤン専門原型師が作成!)

超すごいケーキなんだけど、なんだか裏話があるとか・・・(詳しくは「革工房」へGO!)

何から何まで手作りに囲まれた、ほんとにすばらしい一日でした!

ほんとにほんとに皆さんありがとうございました!幸せになります!!

映らないテレビ

投稿日 2010.07.06, by gyorin

わちふぃーるどオフィシャルの「革工房:こぼれ話」を読んでいただいている方はご存知と思いますが、

先週水曜日、「星の王子様PA」が関越道寄居PAにオープンしました!

弊社は王子様の革グッズも作っているので、

オープニングセレモニーにご招待いただき、

部署揃ってぞろりと拝見にいきました♪

「星の王子さま」の日本の窓口になっている方は非常にこだわりのある方なので、

PAだってすごいこだわりよう!!

王子さまの地元(ほんとの地元はB612小惑星だけど)のフランスをイメージしたつくりで、

小さなバラ園とか、看板とか、諸所がかわいいの!

そして極めつけは食事!

「フランス料理しか置かないの。」

と最初聞いたときはなんじゃそりゃ、と思ったけど、

まあ完成度の高い。

焼きたてパンやできたてオムライス(←やっすいんだから!)、

そしてスバラシイのがフレンチバイキング!!!

なんと1250円で食い放題♪

フランス料理食い放題って、まずないですよ。

しかもすごーいウマい!んです!!

名前はわからないけど、なんかすごい凝ったものもいっぱい。

デザートと言うか、プディングパンのようなものもあったりして、サイコー。

そのバイキングではりきってお代わりしてたところ、

「スッキリでーす。女性の目から見て、お味はいかがですか?」

なんと!!スッキリ登場!わたし?!

「あーあーあのー、すごーい、美味しいです!」

「何が一番お気に入りですか?」

「あーあーあのー、こ、ここにあったやつ」(←すでに鍋ごとなく、ちょうどあいている空間を指差す)

うわー、でちゃった!テレビ!

しかもスッキリ!!ビデオビデオ!

それから毎日撮っていますが、いっこうにでません。

王子さまPAの話題にも触れません・・・・

楽しみにしてたパートさんたち、ごめんね。

世間の話題にはならなかったようですが、

寄居王子さまPA,すごく素敵なのでぜひいってみてください!

話題になってないから、きっと空いてるんではないでしょうか。

黒ちゃん、生還!!!!

投稿日 2010.03.24, by gyorin

20100324.jpg
ブログ更新、ちっともできずいつも心で悔やんでいます。
実はブログの更新もままならない日が続いたんですわ。
黒ちゃん、
ワタシの愛しい黒ちゃんが、なんと病気に。
しかも発覚したのがミミズの出張の前の日。
突如倒れた黒ちゃんを抱えて、夜中病院へ走りました。
可哀想にくろすけはそのまま入院。(←検査のため)
ワタシの出張中、
なれない病院が嫌で嫌で、
すっかり元気を無くして緊急退院してきました。
帰った日のくろすけといったら・・・・
薬を飲ませたとたん、グッタリと目を閉じ、
帰宅直後のワタシの腹の上で、ピクリとも動かず寝ていました。
寝息もあるのかないのか。
たまに「くろちゃん!」と呼びかけると、
尻尾がごくわずかに揺れます・・・。
生きてる証はそのわずかな揺ればかり。
この日、ワタシはいよいよ覚悟して、
それでも最期はワタシの上で・・・と、
トイレも行かず、水も飲まず、タバコも吸わず。
虫の息のくろすけを腹に乗せて6時間・・・・
夜中の4時、
くろすけが突如むっくり起き上がり、
凄い勢いでご飯を食べました。
薬が効きすぎたのか、
次の日も眠くて倒れたりしていましたが、
あれから2週間・・・・
適量の薬にも慣れ、もうすっかり元気そうになりました♪
いまではばたばた走っています。
くろすけの病気は癲癇。
猫の癲癇は多いみたいですよ。
200匹に1匹だって。
でも薬をあげれば、普通と同じに長生きできるみたい。
ああよかった。
ほんとによかった。
ほんとにほんとに、よかった。

サプライズ!

投稿日 2009.11.09, by gyorin

20091109.jpg
サプライズって、みなさんどうですか?
ワタシはサプライズ大好き!
こそこそ用意して、対象の人物をびっくり☆
ビックリ感激姿がたまりませんよね。
昨日!
ワタシの誕生日が近いので、毎度のように家族でディナーに行く予定・・・でした。
「6時半に家にきて。家の凄く近くのとこにいくから」
とか母に言われ、家の近くの店ってなんだよと思っておりました。
実家は超住宅街。飲食店は駅にしかありません・・・・。
不審がりつつも、実家へ。
道すがら、家出猫のらんちゃんを拾いました。
ピンポーン
「あ、あがっておいでよー」(母)
「らんちゃん拾っちゃったんだけど」(ワタシ)
「らんちゃんなんかとりあえず置いて、あがってきなって」(母)
仕方なのでらんちゃんを置いて家にあがるワタシ。
2階のリビングの扉を開けると・・・・
「ハ?ピバースディ?トゥ?ユ?♪」
そこはパーティー会場!!!!!
アルパ(楽器)の音色にあわせ、バースデーソングを謳う人々!
え?、なに??!
なんとも、皆でワタシを騙して、サプライズしてくれたのでした!
企画したのはなんと親友。
両親&叔母&親友両親+兄が勢ぞろい。
子供の頃から変わらない、最近ではなかなか会えなくなってしまった、
懐かしのメンバーが駆けつけてくれたのです!!
そしてピンポーン!
「あっ、宅急便。ちょっとでて」
主役のワタシが宅急便にでると、
なんとそこには花を抱えた夫が!!
「HAPPY BIRTHDAY」の帽子を被って、「HAPPY BIRTHDAY」のめがねをして、
大きなクラッカーを鳴らして、立っていました・・・・
来秋結婚するワタシのために、
親友は独身最後の誕生会をサプライズしてくれたのでした。
もう感激で、感激で。
その後はアルパに併せて、皆で「瀬戸の花嫁」を合唱してくれました。
「HAPPY BIRTHDAY」めがねの下からは、きらりひかるものが。
こんなに嬉しいことは、なかなかそうないものです。(泣)