カテゴリー「日常の話」

たいちのたんじょうび

投稿日 2018.07.01, by gyorin

20180701

なんとまあ時が過ぎるのは早いもので、ドタバタしながら生まれた坊やがもう5歳!

今年の誕生日は特別でした。

何が特別かというと、坊やが自分の誕生日を初めて意識してたのです。

誕生日の1か月以上前から、誕生日到来を心待ち!何度も何度も、まず6月がいつかを確認してました。

今までも誕生日は4回きましたが、反応はやや薄く、はぁ…たんじょうびねえという感じ。

でも今年は違ったのです。

ダヤンは誕生日というものを知りませんでしたが、知ったらもう、誕生日が待ち遠しくてなりません。

まさにそんな感じ。

さあ、たっぷり心待ちの誕生日。しまじろうも盛大な誕生会をやっていて、羨ましそう。

ここは母が一肌脱いで、盛大な誕生会をやってみようか…。

誕生会だから来てちょうだい、とかちょっと恥ずかしいが、やるならちゃんとやりたい。

保育園での仲良したちに声をかけ、アマゾンでHAPPY  BIRTHDAYの風船を購入。

お庭で持ち寄りパーティーにしたので、自慢じゃない料理は買い。

ケーキは特大を作ってきてくれるというので、何かできないかしらと、夜中にチョコペンで大好きなマックイーンを力作!

ママ達からは絶賛!すごーい、買ったのかと思った!このオカズも美味しーい!これは買ったの。

初めて気づいた誕生日、盛大にパーティーができました。

そしてその後も、保育園の誕生会に、お誕生日メインデーには生まれて初めてディズニーランドにまで行って、楽しい楽しい5歳の幕開けになったのでした。

ディズニーランドでは誕生日シールを貼っていたので、其処此処からおめでとう!おめでとう!

誕生日ってなんて素敵、なんて特別、と、ダヤンのように思ったかしら。

D06B4F80-DD77-4B1C-9F52-D7FF893548D7

愛の手紙

投稿日 2018.06.03, by gyorin

image

子供が最近手紙に凝りだしました。
通信教材についてくるひらがな練習キット「ひらりん」で、懸命に手紙を書いています。

「ひらりん」はひらがなのシールがついていて、それを特殊なペンでなぞり、付属のシールにそのまま写して貼れる、という優れたもの。
ひらがながさっぱりかけない幼児もそれなりにメッセージが書けるのです。
だが、ひらがなは各4個しかないので、人気の文字はすぐなくなる。

太一の手紙はだいたい「だいすきだよ」なので、「た」が在庫薄に。(しかも「たいち」でまた「た」を使う)もはや「た」は手書き。
またノってきた頃に写すシールもなくなる。

意味なく書いたシールがふたつ、私に書いてくれた手紙が一枚。
さぁ、残りのシールはあと一枚。

誰に書くか?やはり父か?と思ったら、まさかの「ニャンニャンに手紙書こう」
「にやんにやんいつもごはんあげるね」
にゃんにゃんかぁ、あと一枚なんだから、もっとわかる相手にあげればいいのに…
しかも各2使うから足りるかな…と母としてはやや反対でしたが。
なんとか書き文字も加えて、完成した手紙。
「ニャンニャン、手紙書いたよ〜」
と、横にいるニャンニャンにぐいっと渡すと…

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!

突然すごい大きな猫鳴り!まさかの喜んでる!
猫でも嬉しいのね〜、ニャンニャンがこんなに喜んでてよかった。
ニャンニャンも来年ははたち。
晩年に手紙までもらって、なかなかに幸せな猫生でよかったわ。

なんとか、弁当

投稿日 2018.05.22, by gyorin

image

ある日やってくる、「お弁当遠足」。

弁当を持って、公園にいくという、子供にとって大イベント。

弁当なんて適当でいいのよ、と思うけども、子供の期待がすごいので、応えてやらねばと思っちゃう。

「弁当は唐揚げと卵焼きとおにぎり?ウィンナーは?たこは?いる?」

保守的な子供はいつも同じメニュー。母にとっては大変楽。

これなら作ったことあるから、安心。

「ウィンナーは大丈夫」

こないだ作ったタコがバラバラだったからか、ウィンナーは不要とのこと。

大したメニューじゃないけど、私は大わらわ。

朝から買い出し、何故かリュックはパンパン。

急にリクエストが増えて応えられないのが嫌なので、朝も帰りも、同じ質問を何度も繰り返す。

「いいね?唐揚げと卵ね。ウィンナーはいいね?いらないね?」

朝つくるのは不安なので、仕込みは夜から。

何気に心配性なので、腐るのでは?という不安が湧き出す。

冷凍して自然解凍、とかいうのでそうしてみようとするけど、解凍されなかったらどうしよう。

冷凍して朝チンして詰めるとか書いてあるけど、まずいんでは…

おにぎり固まったらどうしよう…

いっぱい出来ちゃうんだけど、残りどうしよう…

悩みの裾野もどんどん広がる。

悩みがいろいろ、スマホ片手に、5画面くらい立ち上げて、台所はすごいことに。

いつも思うけど、ほんと大したもの作ってないのに、何故こんなに時間がかかるのか…?

時間は真夜中。メニューが大したことなさ過ぎるので、せめても工夫と思って海苔を切る。

トーマスの目玉だの眉毛だの、得意技はこのくらい。

細かいパーツを紛失しないよう、海苔が湿気って丸まらないよう、キッチンペーパーに包んで保管。

明日の朝パニクらないよう手順をメモして、さぁ、朝が勝負。

本当に、何故こんなメニューに時間かけられるんだろ、私…

でも、ジャーン

image

夜中に切った力作の海苔、大成功。

そしてこだわりはここ。客車の断面。

imageimage

弁当を食べるときに気がつけば、どんなにはしゃぐか…

ふふふ、母の仕掛けにおどろけよ。

壮大な時間と脳を費やした弁当、反応はいかに⁈

……………………………………………………

母の思い、届かず。

アニーには気がつかなかったようです。

でもめちゃくちゃ!おいしかったって涙

次はもっと高度な海苔を切ろう。

 

 

 

 

 

あけましてギフトショウ

投稿日 2014.02.11, by gyorin

お久々です。

明けましてももうすっかり前の出来事ですが・・・

2月といえば恒例、ギフトショウ。

ここ毎年、自分が先陣を切って出展していましたが、前回は出産直後だったため、ほぼ見学程度・・・。

ここのブースでは主に自分が担当しているOEM事業のご案内なのですが、

産休中、偶然かなんか、このOEM事業が驚く程仕事がなくなり・・・売上0円とかになっちゃいました。

だもんで、今回はハリキリなおして、挑んだわけです。

で、いつもの坊ちゃんはどうしたかというと。

いつものように同伴してました。(準備の日から)

どうしたもんか…と思ってたんですが、あるんですねえ。便利な施設が。世の中には。

ギフトショウ開催のビッグサイトの目の前のビルに、

なんと一時預かり託児所が。

30分単位で、予約が入ると開設するようです。

ということで坊ちゃんは3日間託児所通いしてました。

この託児所、すんごい高くて、わかっちゃいるけど、

支払いの時にはいちいち手が震えました。

でも、最初の日なんか子供は坊ちゃん一人で、

そのためにでっかい部屋暖めて、保母さんがここまでやってきて…

当然誰もいなくてもこの部屋借りてるわけだし。

こりゃあしょうがないかなー、と思いました。

中日の日には、ショウ後にちょっとしたパーティなんかもあって、

さすがにその日はホテル泊したんですが、

真っ暗な寒空の中、赤ちゃんを抱えて、

だだっ広い国際展示場駅をドレス着て駆け抜ける経験は、

なかなかに貴重なものでした。

高いだけあって、託児所の報告はとっても丁寧。

「30分お眠りになられました」

「ジュースを少し召し上がられました」

どこのコウタイチ様かと思ったよ。

そしてコウタイチ様、ちょっと見ない間に赤ちゃんせんべい一人で召し上がられるようになってました。

ジュースもストローでお飲みになられてました。

ちょっと見ない間に、成長するんですねー。立派!

毎日一緒も3月でおしまい!

しっかり見逃さないようしないとですね。

子猫登場

投稿日 2012.11.10, by gyorin

本当にお久しぶりの日記です。

もはや日記じゃないね。

ここ1ヶ月ほど、ずっと黒ちゃんの具合が最高に悪く、

いまや死んでしまうんじゃないかとハラハラな日々でしたが、

最近ちょこっと持ち直してきました。

と思ったら、子猫を拾ってしまいました・・・

子猫拾いは得意なんですが、昨今はあまり落ちてもいなく、10年ぶりくらい?!

寒?い冬空・・・ピー、ピー、と呼ぶ、あの聞き覚えのある声・・・

ダメダメ、と思いつつ探してしまいました。

ピーピー鳴く毛玉が柵を乗り越え、ワタシにまっしぐら!

ダメダメ、ワタシには黒ちゃんが。。

ぴぃ?、と鳴いて膝に上がると寝てしまう・・・

皆そうだと思いますが、猫拾っちゃうとまず「どうしよう」って思いますね。

小一時間猫を抱え、右往左往。

いつも猫と犬を欲しがっている夫に電話すると、案の定「すぐとりにいくわ」と車で駆けつけてくれました。

いよいよしょうがないので連れて帰ると、黒ちゃんがお出迎え。

はっと子猫に気づき、ウ・ウ・ウ・ウ・・・と威嚇をはじめました。

病気の黒ちゃん、生まれたばかりの子猫・・・

さあ?、どうしましょう!

描き初めできました

投稿日 2011.01.10, by gyorin

数日前から始めた描き初めの椅子ができました。

四方から猫たちが降ってきて、

底にいくにつれヒヨコを狙いに集まる・・・というシュールな構図です。

一番底部分には黒ちゃんも。

あら、後ろを黒ちゃんが通っていますね。

足細っ!

思いでめちゃくちゃ

投稿日 2010.11.26, by gyorin

しつこく引越しについてです・・・

新居が広いので、張り切って家具を買いました!!

最近のネットはホントに楽!

特に家具なんて、今買ってきちゃっても狭い家には入らないし。

しかしながら届くまではどきどき・・。

「バランスよく置ける」自信の上で買ってるのですが、届くまでに一時期自信が揺らぎます。

今回買った居間のテーブル、椅子、TVボード、低いテーブル・・・そしてプレゼントしてもらった、デカイ虎マット!

頭の中で配置していくと、物凄く狭い・・・んじゃないか?もしかして。

ワタシの頭の中では虎はすでに家具の下で敷かれて見えない。

TVとソファーの距離なんて60cmくらい・・・目が悪くなるかも・・・

テーブルに対して椅子が低すぎだったりして・・・

あと巨大ゴミ箱も張り切って3つ買ってしまいました。

狭いとき、すぐごみが溜まって廊下においてあるのが嫌だったから。

でも3つも買ったらもう台所はゴミ箱でいっぱいなんじゃあ・・・!

************************************************************

しかしながら、配置してみれば、あらピッタリ。

居間は意外にもガラーン・・・

台所もばっちり。しかも白で思い描いたけど、きたのは黒だった。

そうそう、黒買ったんだった。

思い出ってめちゃくちゃですね。

防火訓練

投稿日 2010.10.26, by gyorin

長いこと結婚式に浸ってたしばらくですが、

先週はこんなこともしてきました。

「防火管理者講習」

ある一定の規模の建物などではこういった資格を持った管理責任者が必要のようです。

で、わが社からはワタシ含めふたり、消防署に2日間、いってきました。

管理者講習は大半が講義で、最後の日の午後は実技になります。

ご察しの通り、講義は語るでもなく、

こういっちゃあなんですが、かなり眠いものでした・・・

が、実技はなかなか面白かったです。

印象深いのが消火栓(?)の使い方。

会社や学校で見かけませんか??赤いスチールの箱。

あれです。

さあ、あれの使い方、わかるかな?

わかりませんよね。ワタシも?

「あそこが火事です。ホースを出してください」

火事発見したら、まずは?ボタンを押す

↑ここがまず引っかかりますね、まずはホースだしちゃいそう。

?ボタン押さないと、水が出ないようです。

?コックをひねる(←これはやりそう。でも?やらないとやはりでないようです)

?ホースを綺麗に伸ばす

この「綺麗に」がネックですね。

火事のパニックで、綺麗に伸ばせるかどうか。

これをA)指揮者 B)やる人? C)やる人?

の3人でやります。せりふ言いながら。面白かったです。

ところでやる前に消防の人たちが見本をやってくれたのですが、

掛け声がほぼ総て「エッ」「エッ」という感じで、さながら軍隊のよう。

何か命令して応えてるんだけど、

なに言ってるのか全然・・・・

で次に、「今のは実務用ではありません、次に実際の火事の現場をやってもらいましょう」

今度は「エッ」→「火事です、ホースだしてくださーい」

「エッ」→「ホースだしました!」 「エッ」→「水出してください」・・・

ちょっときびきびした敬語で、

これもほんとの火事では使わないだろうな、と思われました。

でもやっぱり、その後の民間人の実技とは比較にならないくらいの、きびきびでしたね!

消火器、電話の掛け方などを経て、

無事「防火管理責任者」に。

これからは火事の多い季節!皆さんもどうか火の用心!!

ギフトショー

投稿日 2010.09.17, by gyorin

ものすご?くご無沙汰しておりました。

先週末、東京ギフトショーなるビジネスの祭典に出展しておりました。

去年も同じ時期に出展したのですが、

メインがワタシ担当のOEM部門のため、はりきっていってきました!

うちのブースは結構異様。

ギフトショーはたいてい何か1品セレクトしてそれを売り込む・・・というやり口が多いですが、

うちはOEMのお客様を探して、かつうまくいけばダヤンの小売店様も募集・・・的な、

一石二鳥を小さなコマで狙っております。

周りを見回すと、セレクトされた物品が整然と並んでいたりしますが、

とにかくうちはちまちまちまちま・・・・!!

どど?んと大きなダヤンを置いて、

頭に耳つけて、

とにかく大騒ぎ!

「いらっしゃいませ?」「いらっしゃいませ?」

「いらっしゃい、さあいらっしゃい」

「いってらっしゃ?い」(パンフもらってくれなかった人の後姿に向けて・・・)

八百屋のような呼び込み。

更にはサクラも用意して、

パンフ持ってよその会場へ売り込みに行って・・・・

小さなハコに情熱を込めて、道行くお客様をお待ちしました。

なかなか日常ない経験なので、足が棒でしたが楽しかったです。

お客様に接するのは、やっぱり楽しいですね。

黒ちゃんの夏休み その1

投稿日 2010.08.26, by gyorin

「さあ!夏休み!」と意気込んで・・・

ずいぶん長い休みだと思った方もいらっしゃるでしょう。

前回の話で、「黒ちゃんはお留守番」と片していましたが、

結果は思いもよらぬ方向に。今回は黒ちゃんの夏休みを追いました。

東北旅行出発前日、計画通り黒ちゃんは近所の獣医さんへ。

しばらくのお別れです。

・・・と思ったら、夜になり獣医さんから電話が。

「黒ちゃんが怒って薬が飲ませられませんので注射しました。注射もやっとでした」

ひゃ?

「おそらく何も食べないで、おしっこもしないで膀胱炎になっちゃうと思うのですが」

ひゃ?ひゃ?

仕方がないので連れ帰りました。

獣医の檻で会った黒ちゃんの怖いこと!

さあ、どうしましょう。ということで、急遽バイク2台はやめて車&バイクで出発となりました。

わがままも言ってみるもんですね。

黒ちゃん、初の東北です。

東京から秋田へ、秋田から岩手、岩手から東京・・・3日間を車中で過ごし、

約1000キロ近くを走り抜けました。

最初こそ車酔いで口を開けたりしていましたが、

すっかり慣れてからは窓辺に手を掛け行く車を眺めたり、

後部座席でちまっといいこしてたり、楽しそう。

ああ、連れてきてよかった・・・

黒ちゃんの大冒険は終わり、家に帰ってからはばたっと倒れて眠りこけていました。

よかったね、黒ちゃん。チャンチャン

・・・と思ったら!

続く