さよなら平成

投稿日 2019.04.30, by gyorin

FAA26EA2-402F-496E-BB50-CF8B3B682D64

本日にて平成がおしまい。

急に大晦日ムードが飛び交い、カウントダウンも始まりました。

ワタシは平成天皇が実はだいすき。

美智子さまもだいすき。

陛下たちが公務をしている映像が流れると手を止めて見入ってしまう。

被災地なんかで陛下がお見舞いにきて声をかけてくれたら、さぞ心温かになるだろうと思う。

井の頭公園にお忍びでいらした時には、帰ろうかと思った。

(知ったときにはもう来る、というところだったので、間にあわないから帰らず)

結局陛下を直に見たことはなかったね。

くだらない話だけど、「好きな芸能人は誰?」的な質問の場合、

好きな芸能人が取り立てていないワタシはしばらく考えて…

もしかして天皇?というくらい。

肖像画は保存したし。

あとギリ安室奈美恵も好きだったんだけど、それももういない。

安室と陛下の引退の話が出たのが同じ頃で、

もう誰もいなくなってしまう…という仄かな寂しさ。

いよいよもうすぐ陛下も引退してしまう。

ワタシは昭和生まれだったけど、だいたいの思い出はやっぱり平成時代。

明日からは令和で、安室も陛下もいない暮らしになるけど、

陛下が喜ぶような、いい時代になるといいです。

 

ハタチのお祝い

投稿日 2019.04.01, by gyorin

本日新元号が発表されました。

5月からは新しい時代の始まり。

ところでうちの黒、実はまだ生きています!

なんとハタチになりました。

92D599B7-4B0E-483B-867F-97EE967DF16F

生まれは1999年、3月末くらい。

そうです、彼女、ミレニアムも超えてきました。

時代の移り変わりを2回も体験!

いつ死んでもおかしくない難病も乗り越え、令和の時代もいま、越えようとしています!

5408CC44-BC97-41E5-96A3-016CDCB3CB4A

ただしハタチですから、なかなかに日々の暮らしもズルッとが多くなってきました。

それでも元気に食べて、元気に寝て、帰るとニャアニャア騒ぎます。

5歳の太一とは大の仲良し。一緒にレゴしたり、風呂に入ったり。

毎日つきまとい。

31AB399E-6EFE-49EC-9D64-DCA465DD799B

ハタチですから、ボケてきたのか、気がつくとんにゃ〜オと毎晩鳴き叫んでいますが、

それでもなんでも、まだまだ、令和も越えて、オリンピックも越えて、

いつまでもそばにいて欲しいのです。

黒、20歳おめでとう!よく生きたね。

よく頑張ったね!ありがとう!

 

江戸塾に登場

投稿日 2018.11.20, by gyorin

大変お久しぶりです。

ヤドカリ以来!

明日11月21日(水) 18:30~銀座蔦屋書店にて、

池田あきこ先生「江戸塾 江戸のねこ雑貨からダヤンまで」が開催されます。

 

江戸のねこ雑貨からダヤンまでこちらの講演会、いつものように参考資料を作っていたところ、講演原稿に「地口」の文字が。

あら嬉しや、地口からの地口やについてちょっと触れています。

元々なかなか面白い題材の講演会だったので、ちょっと行きたいなと思っていたのですが、

なんとまさかの「来るなら舞子もしゃべれば?」

あわわわ、トンデモナイ・・・と断りましたが、よく考えてみれば、私の地口熱は結構アツい。

10年前に消えた火とはいえいまだに日々浮かぶ地口(ダジャレ)の数々。

こんな熱意をしゃべるまたとないチャンスでは?

と一瞬にして考え、やっぱり登壇させていただくことになりました!!

025

大学時代の作品からの~

20181120

地口やの数々。

思い出される地口の日々。

わずかな時間ですが、なかなか他には負けない地口愛を語りに、

わたくしランブウ先生、明日は銀座蔦屋へいってまいります。

ヤドカリ奮闘記

投稿日 2018.10.01, by gyorin

20180930

先日、宮古島へバカンスへ。

いろいろエンジョイして、趣味の貝殻採取も楽しみました。

そして東京。夜中に戦利品を洗浄していると…

アラッ!

まさかのヤドカリ入り。

うそ、どうしよう、南国バカンスから都会へ連れてきてしまった…

罪悪感に苛まれ、ヤドカリについてネットで調べまくり、とりあえず翌日は砂を買ってきました。

オカヤドカリと目をつけ、それらしきセッティングを。

塩だのヒーターだのいるとかなんとか。

海洋生物とか全然飼いたい訳じゃないのに…

でも連れてきてしまったからには来年また行くまで生かして、帰してやらねば…

ただ日を追うごとに元気がなくなるヤドカリ。

…まさか、海のヤドカリなんじゃ?

試しに塩水に浸けてみると、急にイキイキ。

あらやだ、全然オカヤドカリじゃないよ

再度ネットをみると、全然オカヤドカリじゃなさそう。なんでオカヤドカリと思ったのか。

海のヤドカリとなったら急にセッティングが異なり、水槽だの濾過機だの、いよいよ未知の道具を揃えることに。

半ばパニックになりつつも、それなりの水槽完成。

ヤドカリはトーマスと名付けられ、ヤドを替えたりしてそれらしく元気にやっています。

なんとか来年まで、元気で一緒に暮らそう。

そして島へ帰ろう。

C26FA21D-F3D6-4786-BE57-823612249A93

 

 

 

さらば、くろ

投稿日 2018.07.29, by gyorin

金曜の朝のこと。

黒がいない!

残されていたのは黒が出れるサイズの窓の隙間。

image

朝からそこら中を探したけれど、どこにも見当たらず。

この暑い中、どこへ消えた?

黒はまさかの19歳。来年には成人式?を迎えます。

黒はこの19年、外へ出ても一瞬でかえってくるような猫。

一晩帰らないなんて…

薄ら頭に浮かぶ、悲しい想像。

猫は死ぬ時には姿を消すとか。

まさかまさか、これまであんなに、何度も死にそうで、

けろりと生き返ってきた黒。

おうちと家族がだいすきな黒。

そんな、最期に消えるなんて…

会社へ行って、その間に帰ってくると思ってたけど、

先に帰った夫からは、どこにもいない…

哀しみにくれてる私を迎えに来てくれた夫。

「チビと今頃仲良くやってるよね…」

「会えてよかったね…」

もう覚悟を決めて、せめても幸せにいることを願いながら、

それでも最後に「くろー…」と呼んだ、そのとき。

家の中からにゃーん…

とっとっとっ…と、まさかの黒、登場。

夫が留守にした一瞬で、まさかの帰宅。

19歳の高齢猫は、少しふらついて、尻尾にはなんか絡みついて、

冒険の痕跡が。

かえったら、見たことない格好で眠りこけ、

老婆の冒険がどれほどだったか。

それでも翌日にはこうして、太一と一緒に遊んでくれるのです。

image

最期のときに、絶対、絶対、一緒にいようね。

来年は成人式の、お祝いしようね。涙

たいちのたんじょうび

投稿日 2018.07.01, by gyorin

20180701

なんとまあ時が過ぎるのは早いもので、ドタバタしながら生まれた坊やがもう5歳!

今年の誕生日は特別でした。

何が特別かというと、坊やが自分の誕生日を初めて意識してたのです。

誕生日の1か月以上前から、誕生日到来を心待ち!何度も何度も、まず6月がいつかを確認してました。

今までも誕生日は4回きましたが、反応はやや薄く、はぁ…たんじょうびねえという感じ。

でも今年は違ったのです。

ダヤンは誕生日というものを知りませんでしたが、知ったらもう、誕生日が待ち遠しくてなりません。

まさにそんな感じ。

さあ、たっぷり心待ちの誕生日。しまじろうも盛大な誕生会をやっていて、羨ましそう。

ここは母が一肌脱いで、盛大な誕生会をやってみようか…。

誕生会だから来てちょうだい、とかちょっと恥ずかしいが、やるならちゃんとやりたい。

保育園での仲良したちに声をかけ、アマゾンでHAPPY  BIRTHDAYの風船を購入。

お庭で持ち寄りパーティーにしたので、自慢じゃない料理は買い。

ケーキは特大を作ってきてくれるというので、何かできないかしらと、夜中にチョコペンで大好きなマックイーンを力作!

ママ達からは絶賛!すごーい、買ったのかと思った!このオカズも美味しーい!これは買ったの。

初めて気づいた誕生日、盛大にパーティーができました。

そしてその後も、保育園の誕生会に、お誕生日メインデーには生まれて初めてディズニーランドにまで行って、楽しい楽しい5歳の幕開けになったのでした。

ディズニーランドでは誕生日シールを貼っていたので、其処此処からおめでとう!おめでとう!

誕生日ってなんて素敵、なんて特別、と、ダヤンのように思ったかしら。

D06B4F80-DD77-4B1C-9F52-D7FF893548D7

愛の手紙

投稿日 2018.06.03, by gyorin

image

子供が最近手紙に凝りだしました。
通信教材についてくるひらがな練習キット「ひらりん」で、懸命に手紙を書いています。

「ひらりん」はひらがなのシールがついていて、それを特殊なペンでなぞり、付属のシールにそのまま写して貼れる、という優れたもの。
ひらがながさっぱりかけない幼児もそれなりにメッセージが書けるのです。
だが、ひらがなは各4個しかないので、人気の文字はすぐなくなる。

太一の手紙はだいたい「だいすきだよ」なので、「た」が在庫薄に。(しかも「たいち」でまた「た」を使う)もはや「た」は手書き。
またノってきた頃に写すシールもなくなる。

意味なく書いたシールがふたつ、私に書いてくれた手紙が一枚。
さぁ、残りのシールはあと一枚。

誰に書くか?やはり父か?と思ったら、まさかの「ニャンニャンに手紙書こう」
「にやんにやんいつもごはんあげるね」
にゃんにゃんかぁ、あと一枚なんだから、もっとわかる相手にあげればいいのに…
しかも各2使うから足りるかな…と母としてはやや反対でしたが。
なんとか書き文字も加えて、完成した手紙。
「ニャンニャン、手紙書いたよ〜」
と、横にいるニャンニャンにぐいっと渡すと…

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!

突然すごい大きな猫鳴り!まさかの喜んでる!
猫でも嬉しいのね〜、ニャンニャンがこんなに喜んでてよかった。
ニャンニャンも来年ははたち。
晩年に手紙までもらって、なかなかに幸せな猫生でよかったわ。

なんとか、弁当

投稿日 2018.05.22, by gyorin

image

ある日やってくる、「お弁当遠足」。

弁当を持って、公園にいくという、子供にとって大イベント。

弁当なんて適当でいいのよ、と思うけども、子供の期待がすごいので、応えてやらねばと思っちゃう。

「弁当は唐揚げと卵焼きとおにぎり?ウィンナーは?たこは?いる?」

保守的な子供はいつも同じメニュー。母にとっては大変楽。

これなら作ったことあるから、安心。

「ウィンナーは大丈夫」

こないだ作ったタコがバラバラだったからか、ウィンナーは不要とのこと。

大したメニューじゃないけど、私は大わらわ。

朝から買い出し、何故かリュックはパンパン。

急にリクエストが増えて応えられないのが嫌なので、朝も帰りも、同じ質問を何度も繰り返す。

「いいね?唐揚げと卵ね。ウィンナーはいいね?いらないね?」

朝つくるのは不安なので、仕込みは夜から。

何気に心配性なので、腐るのでは?という不安が湧き出す。

冷凍して自然解凍、とかいうのでそうしてみようとするけど、解凍されなかったらどうしよう。

冷凍して朝チンして詰めるとか書いてあるけど、まずいんでは…

おにぎり固まったらどうしよう…

いっぱい出来ちゃうんだけど、残りどうしよう…

悩みの裾野もどんどん広がる。

悩みがいろいろ、スマホ片手に、5画面くらい立ち上げて、台所はすごいことに。

いつも思うけど、ほんと大したもの作ってないのに、何故こんなに時間がかかるのか…?

時間は真夜中。メニューが大したことなさ過ぎるので、せめても工夫と思って海苔を切る。

トーマスの目玉だの眉毛だの、得意技はこのくらい。

細かいパーツを紛失しないよう、海苔が湿気って丸まらないよう、キッチンペーパーに包んで保管。

明日の朝パニクらないよう手順をメモして、さぁ、朝が勝負。

本当に、何故こんなメニューに時間かけられるんだろ、私…

でも、ジャーン

image

夜中に切った力作の海苔、大成功。

そしてこだわりはここ。客車の断面。

imageimage

弁当を食べるときに気がつけば、どんなにはしゃぐか…

ふふふ、母の仕掛けにおどろけよ。

壮大な時間と脳を費やした弁当、反応はいかに⁈

……………………………………………………

母の思い、届かず。

アニーには気がつかなかったようです。

でもめちゃくちゃ!おいしかったって涙

次はもっと高度な海苔を切ろう。

 

 

 

 

 

初母の日

投稿日 2018.05.14, by gyorin

image

はい、気がつけば2018年母の日…。

以前の投稿から早一年。でも一年前に描いてたことに驚いた今日この頃です。

今日は母の日。母の人も違う人も、母に感謝の意を示しましたでしょうか。

私も母になり4年、初めて子が「母の日」を理解した年になりました。

子供も昨年までは母の日はおろか、誕生日も言われて「はア」みたいな感じでしたが、4歳は違うね。

母の日もがっつり取り組んでて、まず保育園では母の絵を描いてて、ほぼ初めてちゃんとした人らしき絵を描いてて驚愕!母の絵にちょっと憧れてたから、ちゃんとなっててびっくり。

しかも「これはお母ちゃんが大好きだよって言ってる顔〜」とか言って、しまじろうみたいな見本のようなセリフまで!

さらに昨日は野花を集めて「あげるからびっくりして」とブーケをつくってくれました。内容は貧乏草とヘビイチゴという、なかなか野花感あふれるものでしたがとにかくそのお気持ちが嬉しい。

朝には更にヒルガオも頭に挿してくれたり、もう至れり尽くせり。

肩も2秒くらい揉んでくれました。

そして夫とお金を出し合って、ダヤングッズもプレゼントしてくれたのでした。

母の日を知った子は、もう思いつく限りのお祝いをしてくれて、本人も満足げでしたが「父の日ってのもあるの知ってる?」と聞くと、ほう…みたいな表情で、「子の日は?」と聞くので「終わったよ。5月5日だから」というと、それは信じたくなかったようで「じゃあまだだね」と謎の言葉を残して去って行きました。

子の日は完全に無視していたので、来年はもう少し演出をお返ししようと思いました。

しあわせバレンタイン

投稿日 2017.02.15, by gyorin

今日はバレンタイン。

気づけばもう半月も経ってたんですね。いけないいけない。

いい年してバレンタインもないだろうと思ういますが、意外に大事にしてます。ワタシ。

もう気づけば10年以上、会社中に約70個のチョコ配達をしています。

それはいいとして、

夫が迎えに行ってくれたので、久々に残業して帰宅。

帰ると寝ずに待ってる息子。すぐ寝かせるワタシ。

「おかあちゃ~ん、おかあちゃんだいすきよ」

と乗ってくる息子。

「おかあちゃんのうえでねよう」

「おかあちゃんはおとうちゃんのだ」と張り合う夫。(笑)

「おかあちゃんはたいちのだ」と取り合う息子。

「ニャーン」と乗ってくる猫。

20170214

なんてしあわせなバレンタイン。

ワタシの上に息子が乗って、その上に猫が乗って。

まるでブレーメン・・・

チビがいたらチビも乗るだろうな。

10分後全員寝てしまい、やっと1人、ごはんを食べるワタシでした。